IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

レポート

アイティメディア株式会社

「SSHD」はSSDやHDDと何が違う? 賢い使いどころは

高速のデータ読み書きと大容量の特性をバランスよく備えたストレージが「SSHD」だ。SSDやHDDと何が違い、どのような用途でSSHDを利用すれば“賢い選択”になるのか。基本から注意点までをまとめて解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/17 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 466KB
要約
 主な補助記憶装置(ストレージ)にはSSDやHDDの他に「SSHD」(ソリッドステートハイブリッドドライブ)がある。SSDとHDD両者の特徴を併せ持ったハイブリッド型のストレージだ。データ読み書きの高速性を求めてSSDにするのか、データ容量の大きさを求めてHDDにするのか。この選択は用途によっては悩ましい。そうしたケースでは両者の折衷案としてSSHDが候補になる。

 SSHDはHDDをベースにしているため見た目はHDDとほとんど変わらず、SSDよりも大容量のデータを格納できる。加えてSSDの特徴を併せ持ち、場合によってはデータ読み書き速度を一般的なHDDよりも飛躍的に向上させることも可能だという。

 ただしSSDかHDDかで迷った際に、どのような用途であってもSSHDを選べばよいというわけではない。使い方によってはコストを無駄にしてしまうこともある。SSHDをどのような場合に選択すべきなのか。SSHDに関するTechTargetジャパンの人気記事を集めた本資料は、SSHDの賢い使いどころを紹介する。