IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社大塚商会

製品資料

株式会社大塚商会

1TBの仮想マシンを平均60秒でリカバリー、運用管理の“常識”を変えるHCIとは?

3Tier構成のシステムの初期投資の高さと柔軟性の欠如に関する課題を一掃するとして注目されるHCI。中でも最近では、より自由度の高いバックアップや高速リカバリーを可能にした製品も登場し、運用管理の“常識”が変わろうとしている。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/07 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.45MB
要約
 DXが全盛の今も、3Tier構成のレガシーなシステムを採用し続けている企業は少なくない。しかし、構成こそ自由に行えるものの、初期投資の高さと柔軟性の欠如は、今後のビジネスを見据えるとやはり大きな課題となる。それらを一掃するものとして近年注目されているのが、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。

 HCIは構成パーツやネットワーク機器をパッケージ化しているため、運用開始の迅速化とコスト削減を実現できるのに加え、設置スペースを抑制でき、拡張しやすく最小構成で始められる点が魅力となる。中でも最近では、独自開発のハードウェアアクセラレーターを搭載し、最短10分単位でのバックアップが可能で、1TBの仮想マシンを平均60秒で高速リカバリーできる製品も登場しており、運用管理の“常識”が変わろうとしている。

 そこで本資料では、3Tier構成のシステムの課題や、それに対するHCIの優位性を改めて解説するとともに、いま選ぶべきHCI製品をピックアップし、4つの特長を端的にまとめて紹介している。あわせて、HCIを含む仮想化基盤の導入/運用/保守をトータルに支援するサービスも掲載されているので、ぜひ参考にしてほしい。