IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイレット株式会社

製品資料

アイレット株式会社

ビッグデータ解析を容易に、「Google BigQuery」を使いこなすポイントとは?

独自の分散処理技術による高速なデータ処理や、優れたコストパフォーマンスで、ビッグデータ活用を支援するとして注目される「Google BigQuery」。しかし、その活用にはデータの集約や結果の可視化など、超えるべき障壁も少なくない。

コンテンツ情報
公開日 2020/12/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 451KB
要約
 DX(デジタルトランスフォーメーション)において、ビッグデータに対するスケーラブルな分析・格納を可能にするデータ分析基盤の構築は欠かせない取り組みといえる。Googleが提供する、ビッグデータ解析サービス「Google BigQuery」は、その有力な実現ツールの1つだ。

 独自の分散処理技術による高速なデータ処理や、優れたコストパフォーマンスにより、データ活用環境の実現へ大きく前進できる。ただ、オンプレミスやクラウドに分散するデータを集約し、データ分析結果やビジネス指標を可視化するといった、実践的な活用をするには一定のスキルが求められる。

 このハードルを大きく下げる選択肢として、Google BigQueryを利用したクラウド型データ分析基盤の構築サービスが登場している。予算や用途に合わせたプランが用意されている他、Fluentdなどのデータ収集ソフトへの対応、CSVやスプレッドシートからの入力などにも柔軟に対応でき、ビジネス成長につながるデータ分析環境を実現するという。