IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

タレスDIS CPLジャパン株式会社

製品資料

タレスDIS CPLジャパン株式会社

データ保護の注目技術「トークナイゼーション」の利点とは

暗号化を用いたデータ保護には、データベーススキーマやプロトコルを破壊してしまう問題がある。これを解消するのが、データフィールドの一部を動的にマスキングするデータ保護技術を組み合わせることのできる「トークナイゼーション」だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/26 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 916KB
要約
 デジタルトランスフォーメーションによるデータの量と種類の急激な増大により、機密データ保護の課題はより大きくなった。さらに保護と同時に利用可能な状態を維持しなければならず、それを予算内で実現する必要がある。そこで有効とされる対策の1つが、データフィールドの一部を動的にマスキングするデータ保護技術「動的データマスキング」を組み合わせることのできる「トークナイゼーション」だ。

 一般的な暗号化は、データベーススキーマやアプリケーションAPI、プロトコルを破壊してしまう問題がある。一方、トークナイゼーションでは、機密データをデータベースに入れる前にランダムなデータに置き換えることで、フォーマットを維持したまま解読不能にする「トークン化」を行う。これにより内部者による漏えい防止をはじめ、参照整合性の維持によるアプリケーション変更コストの削減、監査や評価対象範囲の縮小にもつなげられる。

 本資料ではこのトークナイゼーションのメリットのほか、適合する業界や部門について解説する。フィールドレベルのセキュリティ向上だけでなく、規制準拠に必要なコストや労力を大幅に削減する機能の詳細をぜひ確認してほしい。