IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

製品資料

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社

クラウドサービスの安全な利用に不可欠、「CASB」をいかに活用するか?

クラウドサービスの利用が拡大する一方で、不正アクセスやシャドーITの増加による情報漏えいリスクが危惧されている。その中で注目される「CASB」をどのように活用し、リスクを解消していくのかが重要だ。運用面での落とし穴と回避策とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/10/09 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 7.69MB
要約
 テレワークの爆発的な普及により、クラウドサービスの利用が拡大の一途をたどる一方で、第三者の不正アクセスやシャドーITなどの増加による、機密情報の漏えいリスクの高まりが危惧されている。そうした中で注目されているのが、可視化/コンプライアンス/データセキュリティ/脅威防御の4つの機能を網羅した、CASB(Cloud Access Security Broker)だ。

 しかし、CASBを導入することで、シャドーITや、認可したクラウドサービスの利用状況把握は可能になるものの、それだけではリスクを完全に軽減することは難しい。安全にクラウドサービスを利用していくためには、リスク評価やルール設計、DLP機能の活用、エンドポイント防御との連携などが重要となる。

 クラウドサービスの安全な利用を目指し、CASBを適切に“導入”し“運用”していく上で、アウトソーシングサービスを活用したい場面など、押さえるべきポイントを踏まえて検討すべきだろう。本資料では、こうしたCASBの活用に伴う課題と解決策について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。