IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アイティメディア株式会社

レポート

アイティメディア株式会社

Google「乳がんAI検診」に異議を唱える研究者の言い分

Googleの医学研究機関「Google Health」は、AI技術を用いた乳がん画像診断システムが人の診断よりも高い精度を示したと発表した。研究者はこの成果と製品化を慎重視する。その理由は。

コンテンツ情報
公開日 2020/10/08 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 351KB
要約
 Googleの医学研究機関「Google Health」は2020年1月、ある論文を発表した。乳房専用のエックス線検査「マンモグラフィー」による乳がん検診時の画像診断に、人工知能(AI)技術を利用した場合の検出精度を評価した論文だ。このAI技術を用いた乳がんのスクリーニング(選別)検査の診断精度は、人の放射線科医よりも高かったという。

 この研究結果に好意的な見解を示す研究者がいる一方で、疑問を呈する研究者もいる。議論の対象は、必ずしも乳がん検診AIシステムの診断精度や機能ではない。ある研究者は「そもそもなぜこのようなシステムが作られたのか」を疑問視する。こうした議論の背景には何があるのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は、Google Healthの研究成果と、研究者や業界の反応を紹介。AI技術を用いた診断支援システムを実用化する上での現在の課題と将来展望を解説する。