IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クエスト・ソフトウェア株式会社

レポート

クエスト・ソフトウェア株式会社

スマホやタブレットを狙う脅威が急増、デバイスの常時監視をどう実現する?

BYODポリシーの採用、スマートフォンやタブレットの利用拡大によりエンドポイント環境が多様化するにつれ、それらを狙うサイバー攻撃も急増している。そこで必要になるのがデバイスの常時監視だが、どのように実装すればよいのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/17 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 29ページ ファイルサイズ 8.71MB
要約
 企業で利用されるデバイスは急速に増加している。必然的に、複雑化するのがエンドポイントの管理とセキュリティだ。スマートフォンやタブレット、IoTデバイスなどの利用拡大に加え、BYOD(個人所有のデバイス活用)ポリシーが採用され始めたことも拍車を掛けている。

 社内ネットワークに接続するデバイスが増えることは、サイバー犯罪者にとって攻撃の機会が増えることでもある。彼らの攻撃から守るために、組織には多様なデバイスの常時監視が求められる。具体的には、統合エンドポイント管理の自動化、そしてシンプルな一元管理可能な環境を構築する必要がある。

 具体的には、BYODに対する適切なアクセス制御、モバイル環境でのデバイスの特定やセキュリティ保護、マルウェアによるダウンタイムを防ぐエンドポイントの再イメージ化といった機能で新たな課題に対処したい。本資料では、エンドポイントを巡る近年の課題をあらためて整理するとともに、その解決策を紹介する。変化するエンドポイント環境を把握し、将来を見据えた戦略策定に役立ててほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。