IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

レッドハット株式会社

製品資料

レッドハット株式会社

開発者がKubernetesネイティブな「Javaフレームワーク」を選ぶべき4つの理由

ユーザーの多いJavaプラットフォームを、コンテナやサーバレスなどの環境で活用できるようにすることは、開発と配信サイクルのさらなる高速化を目指す組織にとって喫緊の課題だ。その実現のためのツールに求められる条件とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 203KB
要約
 Javaは、全世界の多くの開発者がそのスキルを習得している定番のプログラミング言語の1つだ。その登場から四半世紀が経過した現在では、モノリシックなアプリケーションスタック向けの設計が足かせとなり、コンテナやサーバレスなどの環境における軽量フレームワーク内でのJavaアプリケーションの実行は、効率性の面で現実的ではなくなりつつある。

 しかし、圧倒的なユーザー数を誇るJavaをこのまま埋もれさせることなく、最新の開発環境に取り入れることは、あらゆる組織にとって有益であるはずだ。その実現のためには、Kubernetesなどのクラウドネイティブな現代的フレームワークに、Javaプラットフォームを最適化する必要がある。

 本コンテンツでは、多くの開発者が習得済みのJavaのスキルや既存資産を、最新の開発環境においても活用できるようにするため、プログラミングツールに求められる4つの要件を挙げている。併せて、これらの要件を満たし、GraalVMやOpenJDK HotSpot向けに調整されたKubernetesネイティブのJavaフレームワークについても紹介されているので、参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。