IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社サイカ

製品資料

株式会社サイカ

メディア多様化の現在でもテレビCM効果を最大に 鍵は可視化とPDCA運用術にあり

マーケティングチャネルとしていまだ重要な地位を占めるテレビCMだが、近年のチャネル多様化により、漫然とした施策は通用しなくなりつつある。そこで、検証に必要な「可視化」に焦点を当て、効果を最大化する方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 15ページ ファイルサイズ 2.81MB
要約
 インターネット広告の台頭で衰退したといわれるテレビCMだが、2016年の広告費は年間で1兆9657億円に上り、依然として重要なマーケティングチャネルの1つとなっている。しかし、メディア増加などの背景からマーケティング戦略が複雑化している近年、テレビ広告だけで完結するような漫然とした施策では効果が見込めず、広告効果を可視化・最大化するPDCAの運用が不可欠となっている。

 そこで重要になるのが、効果測定の方向性だ。その施策が直接的/間接的効果のどちらを期待しているか、その効果の可視化に必要な指標を決定し、施策のターゲットと視聴者のデモグラフィーや視聴時間の確認、出稿する番組の視聴者に対する影響力のインサイト分析、フリークエンシーの最適化などを行う必要がある。

 方向性が決まれば、効果測定では消費者への迅速な意識調査や、インサイトの深掘り、マーケティング効果の全体像把握など、目的に応じた調査方法を採用したい。本資料では、「可視化」に焦点を当て広告効果検証の進め方を解説しているので、テレビ広告の運用最適化の一助にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。