IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

クリックテック・ジャパン株式会社

事例

クリックテック・ジャパン株式会社

事例で学ぶDWH自動化の秘訣、データマート作成を数日から1日に短縮した方法とは

サードパーティー製BIツールにより、DWHとそこで実行されるアプリケーションを作っていたPoly-Woodでは、汎用性やガバナンスの課題を解消すべく、DWHの自動化を決意する。そこで選ばれたアプローチと、自動化で得られた効果とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/09/10 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 679KB
要約
 高密度ポリエチレンから作られた資材を使用し、屋外用家具を製造しているPoly-Wood。顧客が求める高品質な製品をタイムリーに提供することを目指す同社では、サードパーティー製のBIツールを使って、データウェアハウス(DWH)とそこで実行されるアプリケーションを作っていた。しかし、そのDWHは専用ツールでしか使用できず汎用性に欠けていた他、ガバナンス面でも不安があるなど、さまざまな課題を抱えていた。

 そこで同社は、データ主導型の意思決定を実現すべく、DWHの自動化ソリューションの導入を決意する。要件となったのは、ERPや内部システムだけでなく、CRMやサードパーティーベンダーからの地理空間データを統合できることだった。幾つかのツールを評価した結果、ビジュアル/モデルベースのアプローチを備え、IT部門が膨大なコーディングを行う必要がない、あるツールが選定された。

 このツールの導入により、これまで数日かかっていたデータマート作成が1日で完了できるようになるなど、さまざまな効果が生まれているという。本資料では、同社のデータ主導型ビジネスへの転換を支える自動化ツールの実力を、詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。