IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

セキュアワークス株式会社

製品資料

セキュアワークス株式会社

リモートワークやBYODで変わるリスク管理、改善のための「6つのステップ」とは

リモートワーク、BYODなどによる労働環境の進化は、新たなセキュリティ上の課題を浮き彫りにした。新型コロナウイルスのような予期せぬ変化に迅速に対応するために、セキュリティ体制を見直す必要がある。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/10 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 3.11MB
要約
 近年、ビジネスの世界ではリモートワークやBYODの採用がトレンドだ。特にBYOD市場への期待値は高く、2025年までに4300億ドル以上に拡大すると予測されている。この流れは新型コロナウイルスによるパンデミックでさらに加速すると見られており、新たな労働環境に応じたリスク管理が模索されている。

 もちろん、既に対応し始めている企業もいる。彼らのように業務環境の変化に継続的に適応するためには、6つのステップで改革を実践すると良い。まずは、データの所在やそれらの保護環境などセキュリティ体制を評価して、現状を把握する。次は境界線だ。サードパーティーやクラウドによってホストされているシステムを含む境界線は、オフィスにとどまらず、グローバルに広がっている。

 さらに、リモートワークなど最新の働き方に伴う行動変化を考慮した異常の特定、把握した境界線に基づくセキュリティのベースラインレベルの確立という順に体制を整えていく。本資料では、これらの実践的なステップをはじめ、セキュリティ投資で見直すべきポイントを解説している。予期せぬ変化に対応し続けるために、本資料が参考になるだろう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。