IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ティーガイア

製品資料

株式会社ティーガイア

今やNTT光回線の60%以上を占める「光コラボ」、なぜ参入企業が増えたのか?

NTTが光回線の設備とサービスを提供する「光コラボ」により、光回線事業への参入は容易になった。この流れに取り残されることなく、競合他社に先駆けて光回線事業に参入し、ビジネスを成功に導くための方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/09/03 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 2.6MB
要約
 NTTは2015年から光回線サービスの卸事業を行っている。これにより、自社回線を持たない組織も光回線サービス事業への参入が可能になり、今や契約数の60%以上をこの「光コラボ」が占めるほどになっている。

 光コラボの割合が急増したのは、提供事業者とユーザー双方に大きなメリットがあるためだ。事業者にとっては、毎月の継続収入が見込め、ネットワーク基幹を押さえることで信頼性も高まり、新たな営業機会の創出にもつながる。一方でユーザーも、NTTよりも安価に光回線を利用でき、機器・回線のワンストップ保守を依頼できるというメリットがある。

 ただ、光回線事業に参入するとなると、回線ビジネスのノウハウや先行投資、請求業務など、幾つかの障壁も立ちはだかる。そこで本資料では、こうした課題を解消する再卸型サービスを紹介している。回線ごとのシステム登録、請求額の計算、請求・回収、顧客データベースなどの多くが代行・提供され、1.5カ月ほどで事業を開始できるという。競合に先駆けることが重要な事業だけに、この点は大きな魅力だ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。