IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社Imperva Japan

レポート

株式会社Imperva Japan

攻撃数は増加するも小規模・短時間化、DDoS攻撃の変化にある攻撃者の狙いは?

インターネット経由でサービスを妨害するDDoS攻撃は、攻撃を代行する業者が現れ、攻撃数が増加するなど、トレンドに変化が見られ始めている。調査データを基に、このようなDDoS攻撃のトレンドと攻撃者の狙いを探った。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/31 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 2.97MB
要約
 DDoS攻撃の脅威は、2019年になっても変わらないどころか、過去最多の攻撃数を記録している。増加だけでなく、攻撃の傾向にも変化が見られた。ネットワーク攻撃のほとんどは小規模で、短時間の攻撃だったのだ。もちろん、580Mpps/680Gbpsという大規模なネットワーク攻撃も確認されているが、小型の攻撃が主流となっているのは明らかだ。

 この原因の1つは、DDoS攻撃請負サービス業者(ストレッサー)と考えられている。彼らのような代行業者は、多くの顧客にサービスを提供するために小規模攻撃を拡散させる傾向がある。一見すると小規模な攻撃なら脅威としては低いように思われるが、ひとたび攻撃の効果があると分かれば執拗に攻撃を繰り返されるので、決して看過できるものではない。

 本資料では、このように2019年に発生したネットワーク層およびアプリケーション層へのDDoS攻撃の傾向と変化を分析したレポートだ。攻撃傾向の変化や、その背景にある攻撃者の狙いを把握し、セキュリティの強化に活用してほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。