IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

A10ネットワークス株式会社

事例

A10ネットワークス株式会社

プロキシの負荷を4分の1に削減、カシオ計算機のクラウド利用を支えるADCの実力

クラウド型グループウェアを全社活用するカシオ計算機では、ユーザー数の増加によりプロキシの負荷が高まり、UXの低下を招いていた。そこで導入されたのが、1つの筐体内でプロキシとロードバランシングの両方を実装できる、次世代ADCだ。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/27 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.47MB
要約
 時計やデジタルカメラなどの分野で、世界的なブランドを展開するカシオ計算機。クラウド型のグループウェアを全社的に活用し、社内のコミュニケーションインフラを運用している同社では、安全なアクセスを実現するため、プロキシとロードバランサーにより負荷分散を図っていた。しかし、ユーザー数が増えるに従ってプロキシへの負荷が高くなり、ユーザーエクスペリエンスの低下を招いていた。

 具体的な課題となっていたのが、既存のロードバランサーはpingによる死活監視しか行えず処理の振り分けが難しいこと、プロキシにオープンソースソフトウェアを使用していたため障害発生時の対応が非効率だったことの2つ。これらを解消すべく同社が導入したのが、1つの筐体内でプロキシとロードバランシングの両方を実装できる、次世代アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)だ。

 これにより、従来6台のサーバで提供していたプロキシとロードバランサーの機能を、2台のアプライアンスに集約。プロキシの負荷を4分の1に軽減しクラウドへの快適なアクセスを実現した他、運用管理の負荷も抑制するなど、多くの効果が生まれている。本資料で、このADCの実力を詳しく見ていこう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。