IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Netskope Japan株式会社

製品資料

Netskope Japan株式会社

クラウドやモバイルで変化するセキュリティ課題に対応、「SASE」の4要素とは

クラウドアプリケーションやモバイルデバイスの普及に伴い、従来のセキュリティの保護領域を超えてデータが拡散している。この現状に対応する、新たなセキュリティ概念「SASE」(Secure Access Service Edge)に必要な4要素を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 7.84MB
要約
 クラウドやモバイルデバイスなどの登場は、時間や場所にとらわれない多様な働き方を実現させた。一方で、保護すべきデータやデバイスが複雑に分散することになり、セキュリティにも変化が求められている。こうした状況で、2019年にGartnerが提唱した新たなセキュリティ概念が「SASE」(Secure Access Service Edge)だ。

 この新しい概念は4つの要素から構成される。その1つが次世代セキュアWebゲートウェイ(SWG)だ。ビジネスに浸透したクラウドアプリは今や膨大な数に上るが、その信頼性はバラバラだ。このため、クラウドアプリのリスク評価をサポートできる次世代SWGが必要になる。その他にも、IT管理者の権限下にない多数のアプリの可視化、グループポリシーやActive Directoryで管理しきれないアプリへの詳細なポリシー制御も担う。

 本資料では、このSASEの4要素を詳しく解説し、リアルタイムかつクラウドネイティブなセキュリティの実現方法を明らかにしている。併せて、これらの要件を満たし、公共のインターネット利用時に不可避となるパフォーマンス問題を解消できるセキュリティソリューションも提案されているので、参考にしてほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。