IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エクイニクス・ジャパン株式会社

レポート

エクイニクス・ジャパン株式会社

注目のコロケーション/相互接続サービス、調査で学ぶベンダーの評価基準とは?

近年需要が拡大している、コロケーションおよび相互接続サービス。世界各地でさまざまなサービスプロバイダーが事業を展開しており、選択に際しては一定の評価基準が必要となる。IDCの調査結果を基に、その実態を探る。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/03 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 406KB
要約
 サードパーティーのデータセンター施設/設備を利用し、自社サーバやネットワーク設備を運用することを指す、コロケーションおよび相互接続サービス。データセンター集積地におけるスペースと電力に対するニーズの高まりなど多数の要因により、同サービスの市場は成長を続けているが、提供ベンダーの規模や得意分野も多様化しており、最適な選択を行うことは困難になっている。

 そんな中、北米、欧州、アジア太平洋地域の代表的なコロケーション/相互接続サービスベンダー9社を評価したIDCのレポートがある。それによると、リーダーポジションにあるベンダーのプラットフォームは、5大陸/24カ国の市場において、204のIBX内全てを統合できるように設計されており、1万社近くに及ぶ顧客のネットワーク最適化やマルチクラウドに関する多様なユースケースに対応するという。

 また同ベンダーはネットワーク仮想化技術を積極的に取り入れており、今後世界の大手企業にとって重要な資産となるとみられる“デジタルエッジ”に近いトランザクションを促進するという。本資料では、調査結果を基に、同ベンダーの強みや課題、導入を検討する際のポイントについて紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。