IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

A10ネットワークス株式会社

事例

A10ネットワークス株式会社

L3DSRへの移行を容易に実現、スクウェア・エニックスのロードバランサー刷新術

多くのユーザーが同時参加するオンラインゲームを複数運営するスクウェア・エニックス。同社にとって欠かせないのが、負荷分散のためのロードバランサーだ。その刷新により新しい技術へ移行した同社の取り組みを、詳しく紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/03 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.28MB
要約
 ゲームを中心とするエンタテインメント製品を提供するスクウェア・エニックス。多くのユーザーが同時参加するオンラインゲームを複数運営する同社にとって、数千台を数えるサーバ群の負荷分散を行うロードバランサーの重要性は極めて高い。そんな折、従来利用していた製品の販売終了をきっかけに、同社はロードバランサーの刷新を決意する。

 そこで採用されたのが、コストパフォーマンスの高さと先進性が評価された、次世代アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)だ。同製品の導入に合わせて、同社はIPのレンジ不足が顕在化していたL2DSRからL3DSRへの移行も実現。L2を超えたセグメントで活用できず、ロードバランサーのリソースが有効活用できないという課題を解消した。

 その中で、L4サーバロードバランシングやSSLアクセラレーションなどアプリケーションの可用性や迅速性を向上する機能に加え、L2DSRやL3DSRなど特定の環境に適した技術も実装された、同ADCの貢献は大きい。またユーザーに影響を与えずL3DSRへ移行できたのには、ベンダーのアグレッシブなサポートの存在もあったという。本資料で、その取り組みを詳しく見ていこう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。