IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エクイニクス・ジャパン株式会社

事例

エクイニクス・ジャパン株式会社

ネットワークコストを4分の1に削減、カカクコムに学ぶデータセンター移行術

主要コンテンツのリッチ化によるトラフィック増大や、サーバ仮想化の推進による電力使用量の増加に悩んでいたカカクコム。これら課題を解決した、データセンター移行の取り組みについて、経緯や効果を詳しく紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.3MB
要約
 「価格.com」や「食べログ」で知られるカカクコムでは、主要コンテンツのリッチ化によるトラフィック増大が原因で、ネットワークコストが上昇していた。当時は大手のコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)業者を利用していたが、他社との共有のためキャッシュ効率が悪く、漏れた分のトラフィックをデータセンターからトランジット配信するため、コストがかさんでいたという。

 そこで同社は、インターネットエクスチェンジ(IX)への接続を行うため、回線の選択肢が豊富な、あるデータセンターへの移行を決断する。IX接続によってトランジット回線が縮小され、ネットワークコストは従来の約4分の1に削減。加えて、キャッシュ機能を自社化することでCDN業者も不要になり、その分のコスト削減も実現した。

 さらに同社は、サーバ仮想化の推進による電力使用量の増加という別の問題も抱えていたが、そこでも解決策として同ベンダーのデータセンターへの移行を選択。ラック当たりの電源容量がアップしたことで、集約率/拡張性が向上するなど、多くの効果が生まれているという。本資料では、同社のデータセンター移行の取り組みや効果について、詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。