IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

フォーティネットジャパン株式会社

事例

フォーティネットジャパン株式会社

約50拠点の有線/無線LANを統合管理、関東電気保安協会の情報漏えい対策強化術

多数の顧客情報を保有する関東電気保安協会は、情報漏えい対策をさらに強化すべく、次世代ファイアウォールを全拠点へ導入した。ネットワーク全体を可視化し、一元管理可能な仕組みを1カ月で構築したその実力とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/07/01 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.14MB
要約
 電気設備の保安点検や安全に関する啓発活動を行う関東電気保安協会は、多数の顧客情報を保有している。以前から情報流出を避けるため、外部からアクセス不能なプラットフォームの構築やエンドポイントセキュリティなど、ハード/ソフト両面で徹底したセキュリティ対策を実施しているが、本部移転を機に、さらなる強化を考えた。

 そこで同協会は、無線LAN導入と合わせて、本部からデータセンターへと順次、次世代ファイアウォールを導入。基幹システムや人事システムなど、それぞれの性質や扱う情報に合わせてセグメントを分け、万一ウイルスが侵入してもまん延を防ぐ仕組みを作り上げた。また、閉域網でつながる約50の全拠点にも次世代ファイアウォールを導入。その際も、bot対策を含めた統合的なセキュリティと管理性を重視し、同じベンダーの製品を採用した。

 さらに同協会は、アクセスポイントとセキュアアクセススイッチにより、拠点の有線/無線LANの管理も統合。ネットワーク全体を可視化し運用管理も省力化したこれらの仕組みは、わずか1カ月程度で構築されたという。同協会のセキュリティ対策を短期間で強化した製品の実力を、本資料で詳しく見ていこう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。