IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

タレスDIS CPLジャパン株式会社

レポート

タレスDIS CPLジャパン株式会社

DXが金融機関にリスクをもたらす? 調査で見えた機密データ保護の現状とは

アメリカで行われた調査によると、97%の金融機関がDX関連技術を使って機密データを運用し、82%がその安全性に自信を持っていることが分かった。しかし現実には、機密データ保護における“基本的な対策”ができていないケースが多いという。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/24 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.83MB
要約
 金融サービスにもデジタルトランスフォーメーション(DX)が波及し、ビジネスや運用モデルを根本から変化させようとしている。しかし、モバイル決済、IoT、ビッグデータなどのDX技術がさまざまな恩恵をもたらす一方で、それらが顧客や組織に関するデータを危険にさらしてしまう可能性もある。

 アメリカの金融サービス組織に対して行われた調査によると、97%の組織がDX関連技術を使って自社の機密データを運用しており、さらに、82%はその安全性に自信を持っていると回答した。しかし、機密データ保護における基本的な対策の1つである「暗号化」の導入率は依然として低く、組織のセキュリティ担当者の多くはその脆弱性を懸念している。

 本コンテンツでは、DXが金融サービスの機密データにどのような影響を与え、各組織はその保護にどう取り組んでいるのかを調査した結果をレポートとしてまとめている。特にマルチクラウド利用が増加する中で、法規制に対応しながら、効果的に機密データを保護することの重要性について解説している。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。