IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

事例

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート

RPAの効率化範囲に限界を感じた企業が、業務改革/DX推進に向けて採用した手法

RPA単体での業務効率化に限界を感じ、「BPM」を導入して人材育成の面からDXに取り組むATビジネス。業務プロセスの変革や改善文化の形成など着実な業務改善/改革/DX化を進めている同社から、その実現を支えるソリューションの効果を探る。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/26 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.06MB
要約
 ATグループにおいて、間接業務を受託し改善するBPO企業として活動するATビジネス。同社では2016年からRPAの活用に取り組んできたが、近視眼的な自動化が業務の複雑化とメンテナンス負荷の増大を招いていた。そこで、業務全体の大局的な見直しに加え、DXを推進する人材の育成を図るため、BPM(Business Process Management)を中心に据えた取り組みを開始する。

 選定したソリューションは経営課題の改善に必要なメソッドとデジタルビジネスプロセスを動かすシステム基盤を一貫して提供。コンサルティング的なサポートではなく、自社業務をベースに従業員自身による改善手法を学ぶ研修を併せて実施する。同社ではこの研修を全社員の3割強が受講し、コミュニケーション手法としてのBPMの浸透を図った。

 業務改革の思考プロセス習得とBPMS(Business Process Management System)導入により、部門における業務の目的やプロセス、そして業務を変えられなかった真の制約条件を可視化。担当者や部署をまたぐ業務実態を理解して仕事の全体を考えられるようになるなど、さまざまな効果があったという。本資料では同社の事例を基にこのBPMソリューションを詳しく紹介する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。