IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Denodo Technologies株式会社

製品資料

Denodo Technologies株式会社

データの複製・移動の必要がない「データ仮想化」、Azureユーザーの最適解は?

オンプレミスとクラウドに散在する膨大なデータを利用する手段として、データ仮想化が注目されている。中でもMicrosoft Azureに最適化したソリューションを例に、Azureユーザーが得られるメリット、有用なユースケースを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2020/06/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 800KB
要約
 企業が収集するデータは、モバイルやIoT、SNSなどソースの多様化もあり、際限なく増大している。データの所在が組織内外に拡張していく中、従来のETLなどによるデータ統合手法では現代のニーズに対応しきれない。そのために登場した新たな手段が、データ仮想化だ。データの複製や移動の必要はなく、多様なデータソースにリアルタイムにアクセスできるようになる。

 データ仮想化プラットフォームの中には、特定のパブリッククラウドに特化して、さらにメリットを拡張しているものもある。例えば、Microsoft Azure向けのソリューションだ。Azure SQL Data WarehouseやAzure Databricks、Azure Blob Storage、Microsoft Dynamics 365などの主要なデータソースと容易にアクセス可能になる。

 こうしてインフラ全域のデータを仮想化統合できれば、アナリティクスやデータゲートウェイ、IoTの基盤としてAzureのメリットをさらに引き出せる。本資料では、このAzure向けデータ仮想化プラットフォームの機能やコストメリット、導入方法を紹介する。本資料を参考に、データ活用のレベルアップを図ってほしい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。