IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット
  • ITmedia ビジネスオンライン
  • ITmedia NEWS

株式会社ZenmuTech

製品資料

株式会社ZenmuTech

データの“無意味化”で情報漏えい防止、安全なリモートワークを実現する方法

リモートワークの導入が進む中、社員が安全・快適に業務に取り組める環境の構築が急務となっている。万全のセキュリティ対策を施しながらも、普段と変わらない業務環境を実現するには、どのような仕組みが必要なのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2020/05/29 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 868KB
要約
 リモートワーク環境の整備に当たっては、情報セキュリティ対策を強化することに加え、社員がいつも通りの感覚で業務に取り組める快適さを実現することも重要だ。とはいえ、安心・安全で利便性の高い環境を構築するためのインフラ強化には、多くのコストと工数が必要となる。

 そこで注目されているのが、PC内のデータを“無意味化”し、安全かつ快適なPC環境を提供するソリューションだ。PCとクラウドにデータを分散し、分散片が揃わないと意味のあるデータにならない「AONT方式」を採用。Webブラウザからクラウド上の分散片をロックできるため、PC紛失・盗難時の情報漏えいを防ぐことが可能だ。OSやアプリだけでなく、ファイル処理もPC上のリソースによって実行されるため、オフィスにいるのと同じような感覚で業務を行える。

 本資料では、同ソリューションの機能や仕組みを詳しく解説する。月額780円というコストパフォーマンスの高さも魅力のため、これからリモートワークを導入する企業はもちろん、既に導入している企業も自社の環境を見直す際の参考にしてほしい。