IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

MuleSoft

製品資料

MuleSoft

大きな困難が予想される「SAP S/4HANA」移行、リスク回避のための最適解は?

ERPシステムの定番として多くの組織で利用されているSAP ERPだが、そのサポート終了期日が明示されたことで、SAP S/4HANAへのアップグレードを迫られている。この大規模プロジェクトを確実に成功に導くためにはどうすべきか?

コンテンツ情報
公開日 2020/05/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 3.1MB
要約
 統合基幹業務(ERP)ソフトウェア市場において、高いシェアを誇るSAP ERPだが、そのユーザー企業の多くは今、最新バージョンであるSAP S/4HANAへの移行を迫られている。現行のSAP ERPのサポートが2027年に終了するためだ。

 現代のIT環境の複雑さを考慮すると、S/4HANAへの移行やインテグレーションプロジェクトは最大級の規模とることが予想される。レガシーな手法では、柔軟なカットオーバーはできず、移行に向けた開発やトレーニングコストも増大し、導入作業の長期化によるデータ移行や外部システムとの統合の遅れといった深刻な問題も発生するだろう。

 その解決策として本資料では、S/4HANAへの確実な移行をサポートし、将来を見据えた柔軟なアーキテクチャの構築も実現するソリューションについて紹介している。API主導型のアプローチによりERPの各機能をマイクロサービス化しつつ、単一プラットフォームでそれらを統合管理できるソリューションは無理のない、段階的な移行を後押ししてくれるはずだ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。