IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

パロアルトネットワークス株式会社

製品資料

パロアルトネットワークス株式会社

セキュリティの継ぎ足しが招くリスク、解消のカギはIT環境全体を可視化するXDR

侵入を前提にエンドポイントの挙動やログから脅威を検知するEDR。だが、近年はエンドポイントだけでは検知しがたい巧妙な攻撃も増えている。複数の環境における攻撃の痕跡という点を結び合わせ、線を追跡するセキュリティ対策が必要だ。

コンテンツ情報
公開日 2020/04/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 744KB
要約
 モバイルデバイスやクラウドサービス、IoTなどの導入で、ここ数年のIT環境は急速に様変わりしている。この環境変化に加え、サイバー攻撃の進化に対応しようとした企業が陥りやすいのが、セキュリティ対策のサイロ化だ。必要だからといってセキュリティツールの継ぎ足しを繰り返せば、全体の可視性はもちろん、管理効率も低下してしまう。

 このように複雑化した環境を見直すには、脅威の侵入を前提としたエンドポイントセキュリティであるEDRを発展させ、ネットワークやクラウドもカバーしてデータを収集・分析するXDRが有効だ。多様な領域・レイヤーから収集されたデータは、クラウド上のデータレイクに蓄積され、AIを用いた相関分析により脅威の可視化に活用される。これなら複数のセキュリティツールの管理・運用に悩まされることもない。

 本資料では、このXDR製品に加え、セキュリティ管理・運用のマネージドサービスを紹介している。24時間365日体制の運用を自社でまかなうのは負担が大きい。求められるセキュリティレベルに応じて、外部の専門家を活用すると良いだろう。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。