IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ブラックライン株式会社

レポート

ブラックライン株式会社

経理・財務部門のデジタル化、400社調査で判明した課題と解決策

デジタルトランスフォーメーションによって業務の効率化、標準化を図る企業が増加する中、経理・財務部門でのデジタル化は進んでいるのだろうか。約400社を対象に行った調査から、その推進状況や課題が分かった。

コンテンツ情報
公開日 2020/04/13 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1010KB
要約
 デジタルトランスフォーメーションが進む昨今。経理・財務部門でもその必要性を感じ、デジタル化を検討・導入する企業が増えている。こうした中、約400社を対象に行われた経理・財務部門のデジタル化に関する調査で、その推進状況や課題が見えてきた。

 経理・財務に関わる業務プロセスのうち「会計外システムから会計システムへの自動連携」に関して55%が「デジタル化している」と回答した。一方、「決算処理」では43%、「外部監査対応」においては15%にとどまり、業務によってはデジタル化が進んでいない実態が明らかになった。さらに細かく見ると、決算業務における承認やスケジュール・進捗管理を手作業やExcelで運用していたり、その業務が属人化していたりする企業が多いことも分かった。

 このように、決算処理や監査業務を中心に、デジタル化による業務効率化や標準化を進める必要があるようだ。改善策の1つとして、監査人がシステムにアクセスできるようにすることで、企業・監査人双方の効率化を図る企業もあるという。本資料では、この調査結果の詳細を報告する。経理財務部門のデジタル化を進めるために役立ててほしい。