IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

ハイブリッドクラウド化で複雑になるバックアップ環境、目的別の最適解は?

多くの企業で進む仮想化やハイブリッドクラウド化は、一方で一元的なバックアップを困難にもしている。多種多様な環境のデータを一元的に保護し、いつでも迅速にリストアできるバックアップ環境をどう実現すればよいのだろう。

コンテンツ情報
公開日 2020/03/27 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 2.6MB
要約
 組織のハイブリッドクラウド化が進む中、多種多様な環境にまたがるデータを一元的に保護する方法が模索されている。ただ、従来のバックアップ技術は、いつでも迅速なリストアが可能な24時間365日の可用性をハイブリッド環境で実現するには力不足だ。

 そうした中で注目したいのが、Fortune 500にランキングされる大手企業の約75%が採用するバックアップソリューションだ。サーバにエージェントをインストールすることなく、Exchange ServerやSharePoint Server、Active Directoryなどを基盤とするアプリケーションのデータをバックアップ/リストア可能で、ウィザード形式でバックアップ運用を簡単に自動化できる。仮想マシン全体や個別ファイルのリストアも簡単な操作で実行できるという。

 さらに一次バックアップだけでなく、そのデータをテープやクラウドへ保管する二次バックアップ、災害対策のためのレプリケーションなどにも対応しているなど、従来製品にない「8つの特長」を備えている。本資料では、このハイブリッドクラウド時代のバックアップソリューションのメリットを最大限に引き出す、目的別ストレージの組み合わせを提案する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。