IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

タレスDIS CPLジャパン株式会社

レポート

タレスDIS CPLジャパン株式会社

FinTechの台頭で激変する決済ビジネス、いま金融業界に求められる対策とは

P2P決済アプリなどさまざまな決済サービスが普及する中で、これらのサービスを手掛けるFinTech企業が金融機関にとって競争上の脅威となりつつある。決済ビジネスの今後の動向から、金融業界関係者が講じるべき対策を探った。

コンテンツ情報
公開日 2020/03/27 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 279KB
要約
 FinTech企業の活動領域が拡大している。特に決済分野においては数多くのサービスを展開し、金融機関やカード会社にとっては競争上の脅威となりつつある。こうした中で金融業界に求められているのは表面的な進歩ではなく、基礎的な決済インフラへの投資など、長期的なスケーラビリティを確保する取り組みだ。

 その1つが、オンラインでの正当な取引を詐欺だと認識してしまう「誤検知」への対策だ。ある大手のグローバル決済代行会社は、インストアでの取引承認率が97%であるのに対し、オンラインでは85%であると指摘。また、米国の買物客の10人に1人が、口座に十分な資金があるにもかかわらずカード決済が拒否された経験があるという。こうした誤検知による決済拒否は、顧客離れを招きかねない。

 安全で安定的な取引を行うためには、機械学習への投資を通じた誤検知の対策強化や、拡大するネットワークのトークン化への対応などが欠かせない。本資料では、決済ビジネスを取り巻く環境の変化や今後の動向を解説するとともに、決済ビジネス事業者を中心とした金融業界関係者が講じるべき対策について考察する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。