IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Cohesity Japan株式会社

事例

Cohesity Japan株式会社

クラウドストレージも容易に統合、VM保護&コスト削減に効くストレージ改善法

サプライチェーンやオムニチャネルをサポートするManhattan Associatesは、セカンダリーストレージのサイロ化に苦しんでいた。そこで同社が解決策として選んだのが、オンプレミスはもちろんAWSとも容易に統合できるストレージ製品だった。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/14 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 139KB
要約
 レガシーなセカンダリーストレージでは、今日求められるVMレベルのバックアップのサポートや線形のスケールアウトといったニーズに対応しきれない。サプライチェーンやオムニチャネルコマース向けのソリューションを展開するManhattan Associatesも、セカンダリーストレージのデータが1PB規模に及ぶなど、複雑化するデータ環境に苦しんでいた。

 その解決策となったのは、データ保護やファイルストレージのソリューションを統合できるだけでなく、Amazon Web Services(AWS)とも簡単に統合できるハイパーコンバージドストレージだ。このソリューションによって、同社はNFSデータストアをプロビジョニングしながら、コールドVMをAmazon S3に移行して、ユーザーが常に利用できる環境を実現した。

 クラウドのデータも重複排除や圧縮の恩恵を受けられるため、クラウドストレージの効率化になる。また、スケールアウトアーキテクチャおよび従量課金モデルも同社が評価する点であり、スモールスタートとTCO削減につながっているという。本資料では、同社の事例を通じ、サイロ化したセカンダリーストレージ環境を改善し、ハイブリッド化を推し進めるためのポイントを明かす。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。