IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

MuleSoft

事例

MuleSoft

基幹業務を支え続けるレガシーシステム、APIをてこにモダン化を進めるべき理由

多くの企業の基幹業務は、いまだレガシーシステムに依存しているが、それが運用コストの高騰やカスタマーエクスペリエンスの阻害を招いている。打開する最良の方法は、API主導でシステムのモダナイズを推し進めることだ。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/14 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 4.11MB
要約
 市場要求が激しく変化する現代でも、レガシーシステムが多くの企業の基幹業務を支えている。早急にモダナイズしたいところだが、従来の手法では、膨大な費用がかかる全面的なリプレースか、カスタムコードによりWeb機能を持たせるという複雑化を招く方法しか選択肢がなかった。その環境を変えたのがAPIだ。

 APIはシステムの整合性やアクセスの安全性・管理性を保ったまま、データを活用できるようにする。レガシーシステムのモダナイズは、ビジネス要求や顧客ニーズに応じて求め続けられるものだけに、APIによる新旧システムの柔軟な統合は、将来にわたって選択肢の幅を広げることにもなる。このAPI主導の接続をスムーズにする統合プラットフォームがある。

 本資料では、この統合プラットフォームとAPIを活用したモダナイズ事例を紹介する。レガシーコンポーネントの管理・再利用性の向上、データ変換、プロトコルネゴシエーションなどの機能を生かし、製造業や医療保険業、政府機関と多様な業種の組織がモダナイズに成功している。レガシーシステムから脱却するための方法論も解説されているので、大いに参考になるはずだ。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。