IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

三井情報株式会社

製品資料

三井情報株式会社

コンテナ基盤の運用は楽になる? 「VMware Enterprise PKS」の使い勝手を検証

仮想化基盤に続く次世代インフラと目されるコンテナ環境。ただ、代表的な運用ツールのKubernetesでは不足する機能も多い。そこでエンタープライズレベルの運用ツールの1つ、「VMware Enterprise PKS」を使い、運用負担の変化を検証した。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/14 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 32ページ ファイルサイズ 4.76MB
要約
 レガシーシステムからの脱却を図ろうと、仮想化基盤からコンテナ基盤への移行を検討している企業も多いことだろう。APIベースの柔軟な接続やアプリケーションの可搬性、疎結合による拡張性の高さなど、そのメリットは多岐にわたる。

 ただ、その代表的なツールであるKubernetes環境を構築・運用するとなると、多数のコンポーネントやIT人材の不足などの課題にも直面する。そこで、これらの負担を軽減する運用ツールがさまざまに提供されている。その運用ツールの中でも代表的な製品の1つ、「VMware Enterprise PKS」を使って、運用がどう変わるのか検証を行った。

 結果、Kubernetesクラスタのプロビジョニングが1コマンドで実行できるなど、運用負担が軽減。ログを階層ごとに区分し、さらに組織ごとに管理領域を分離するなど、ログ管理の効率化も実現できたという。本資料では、これらの検証結果を詳しく紹介している。さらにハードウェア管理を楽にするためHCIとの組み合わせも検証しているので、コンテナ環境の検討段階にある企業はぜひ参考としてもらいたい。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。