IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ソリトンシステムズ

事例

株式会社ソリトンシステムズ

複数のNASとディスクを統合、大容量と冗長性を両立するストレージ仮想化の方法

放送、メディア業界向けの大容量データのバックアップ環境において、大きな課題となっていた冗長性の確保。新規NASの導入を機に実施された、既存のNASも含めたストレージの単一ボリューム化が、課題の解決に大きな役割を果たしたという。

コンテンツ情報
公開日 2020/02/03 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.09MB
要約
 日テレITプロデュースは、放送、メディア業界を中心にITソリューションを提供するシステムインテグレーターだ。同社では実際の放送で利用されたメディアデータをバックアップするシステムを運用しており、その冗長性を確保するためRAID対応NASを積極的に推進してきたが、その過程で問題に直面していたという。

 それがディスクの故障だ。メーカーを問わず、RAID対応NASを構成する複数のディスクが同時に壊れるケースが多かったという。それでは心もとないとして、ミラーリング運用で冗長性を高めようとすると、今度はバックアップストレージとして利用できる容量が大幅に減ってしまうというジレンマを抱えていた。

 そこで、同社は新型NASの導入を機に、その製品に同梱されていたストレージ仮想化ソフトを利用して、既存のNASを含めた1つのボリュームを構成。これにより、容量を犠牲にすることなく冗長性を確保できたという。また、特性の異なるNASの組み合わせにより、同時故障のリスク低減という思わぬ副産物もあったという。本コンテンツでは、バックアップ環境の冗長性確保に向けた同社の取り組みをさらに詳しく紹介する。