IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

菱洋エレクトロ株式会社

製品資料

菱洋エレクトロ株式会社

物理・仮想・コンテナに合わせてリソースを組み立て可能、新型インフラの可能性

変化し続ける市場ニーズに迅速に対応するには、従来の安定性を重視するITスタイルだけでなく、柔軟性とスピードを備えたITスタイルを両立させる必要がある。一見矛盾する2つの要素を両立できる新たなアーキテクチャがあるという。

コンテンツ情報
公開日 2020/01/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 1.27MB
要約
 クラウドやモバイルなどから革新的な製品やサービスが続出し、アイデアエコノミーと呼ばれる現代では、ITリーダーは矛盾した要求にさらされる。従来の信頼性と安定性に重点を置くスタイルに加え、変更が定期的に行われ、数時間で意思決定を行い、反映できるような動的なスタイルが求められるからだ。

 2つのスタイルを両立させる手段の1つにバイモーダルアプローチがあるが、現段階では複雑性とコストの増大が否めず、運用の簡素化やITコスト削減というニーズに逆行してしまう。今、必要なものは従来の環境の信頼性、DevOps機能、クラウドの柔軟性という一見矛盾した要件を単一のオンプレミスインフラから提供できるアーキテクチャだ。

 その実現のカギとなるのがコンポーザブルインフラだ。物理/仮想化環境に対応し、アプリケーションやサービスのニーズに合わせてリソースを自由に組み合わせられ、テンプレートベースのワークロード自動化やインフラ運用の効率化を推し進めるユニファイドAPIを備える。これなら物理、仮想、コンテナのどの環境にも利用でき、DevOpsの加速にもつながる。本資料では、この新たなアーキテクチャの特長を詳しく解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。