IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Repro株式会社

事例

Repro株式会社

Facebook広告の効果が上がらないのはなぜ? 事例から見えた「7つの失敗理由」

SNSは今や既存メディアをしのぐ広告効果を期待できるほどに浸透しているが、いざ投資したものの成果を上げられていない企業も多い。なぜ失敗に陥るのか、そして改善のポイントは何か。Facebook広告における、50の失敗事例から読み解く。

コンテンツ情報
公開日 2019/12/17 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 1.25MB
要約
 SNSに流される広告は、ユーザーへダイレクトに訴求できる上、ゾーニングやターゲティングも容易という点で、既存メディアを大きくしのぐ効果が期待できる。一方で、広告を流したものの、思ったほど結果が出ていないという企業の声も多く聞こえる。そこでFacebook広告を調査し、その失敗原因を探った。

 特に見られたケースの1つが、ビジネスのゴールやターゲティングの不適切な設定だ。新規ユーザーにリーチするなら、類似オーディエンス機能を活用することがポイントになる。また、Facebook広告のアルゴリズムは、アップロードした情報の量と時間によって学習を深めるため、むやみに広告セットを増やしたり、オーディエンスが小さ過ぎたりすると性能の低下を招いてしまうので、注意が必要だ。

 その他にも、見込み客の設定や動画活用の有無など、見落としやすいポイントがある。本資料では、こうした失敗原因を紹介するとともに、その改善策を提案している。さらに先を見据え、広告データを生かしたクロスチャネルマーケティングや、AIによる分析自動化も提案しているので、SNS広告の成果に悩む企業にとっては大いに参考になるはずだ。