IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ルーブリック・ジャパン株式会社

事例

ルーブリック・ジャパン株式会社

IT部門を消耗させる従来型バックアップ運用、クラウド移行も見据えた解決策は?

ITシステムのクラウド移行が急速に進む一方で、事業継続を支えるバックアップ製品のレガシー化が大きな問題となりつつある。バックアップ運用の非効率性は、長期にわたってIT部門の予算と人員に影響を与えるため、早急な改善が必要だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/10 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 973KB

要約

 世界規模でクラウド移行が加速し、ITインフラの高度化が進む中、バックアップ運用はさらに複雑で困難な業務となりつつある。近年では、レガシー化したバックアップ製品に起因する課題も多く見られるが、現状でバックアップ運用を回せているのであれば、多少の非効率さは容認するという考えの企業もあるだろう。

 しかし、実際に管理工数の増大やトラブルの増加が認められる場合には、長期にわたってIT部門の予算と人員を圧迫する問題として捉え直す必要がある。また、レガシーな製品の場合は、クラウド移行が困難になるだけでなく、レプリケーションに要するコストが結果的に高くなる可能性がある点にも注意したい。

 それでは、これらの課題を解消する次世代型バックアップツールを採用する場合、その投資に見合う効果は実際に得られるのだろうか。本資料では、ソリューションプロバイダーであるコムテックの事例を基に、その導入が「管理に要する時間」「ラックスペース」「TCO」などに与える効果を具体的に紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。