IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

カーバチュア ジャパン合同会社

製品資料

カーバチュア ジャパン合同会社

「2025年の崖」を越える鍵、複雑化/老朽化したシステムの保守運用をどうする?

多くの企業でDXの足かせとなっている、「複雑化/老朽化したシステム」と「保守運用コストの高止まり」。この2大課題の解消法として利用が増えているのが、コストと運用負荷を大幅に削減する「第三者保守」という選択肢だ。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.75MB

要約

 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に向けた課題を克服できない場合、2025年以降に大きな経済損失が生じる可能性がある。このことを指摘した経済産業省の「DXレポート」が注目されている。“2025年の崖”が生じる理由としては、「複雑化/老朽化したシステム」と「保守運用コストの高止まり」の2つが挙げられる。

 実際に、IT予算の7~8割が付加価値を生まない保守運用に投じられており、DXの足かせになっていることは間違いない。こうした状況の中、利用が拡大しているのが「第三者保守」だ。これは中立的な保守事業者が障害診断や部材提供を行い、メーカーの保守サポート終了後も同レベルのサービスを柔軟な形で提供するものだ。

 これにより、メーカー主導のライフサイクルに左右されることなくIT機器を継続利用できるため、システム更改などの投資を抑制することが可能になる。本資料では、DXの本格展開に欠かせない第三者保守のメリットを紹介しつつ、適切なサービスを見極めるためのポイントを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。