IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

レッドハット株式会社

事例

レッドハット株式会社

複雑化とともにコストがかさむ仮想化環境、大手金融サービス企業に見る解決策

ビジネスが拡大すれば、仮想化環境もまた拡大・複雑化していく。企業成長を加速するためにも、仮想化環境を効率的に利用するための管理プラットフォームの選定は重要になる。大手金融サービス企業の事例から、成功の秘訣を読み解く。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/04 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 728KB

要約

 ビジネス規模を拡大し続ければ、インフラの複雑化は避けられない。その解決のカギとなるのが抽象化だ。コンポーザブル(構成可能)なインフラを構築するとともに、仮想化管理プラットフォームを活用し、最新のテクノロジーを導入しやすい基礎を整えたい。その取り組みの参考となるのが、ある大手金融サービス企業の事例だ。

 1500万人以上の顧客を抱える同社は、以前から仮想化管理ソリューションを利用していたが、フットプリントの急速な成長から、より柔軟でコスト効率の高い環境に改善する必要があった。従来のプラットフォームは、初期のライセンス料に加え、毎年サポート費用が掛かり、ディザスタリカバリー環境もカスタム開発する必要があるなど、コストがかさんでいたのだ。

 同社の移行プロジェクトは狙い通りの成果を挙げた。コスト効率は、サブスクリプションベースの課金モデルによって既存環境から2倍以上の改善を見せ、VMのインシデント数も減少。その効率化を受け、フットプリントが3年間で3倍以上に増加するほど、仮想化環境の利用も拡大した。本資料では、仮想化管理プラットフォームが同社に与えた影響を詳細に分析する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。