IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

レッドハット株式会社

製品資料

レッドハット株式会社

仮想化インフラの移行先として、オープンソース技術を中心に考えるべき理由

マルチクラウド環境への対応、コンテナや自動化テクノロジーの導入が進む中で、ボトルネックとなりがちなのが仮想化インフラだ。革新的な技術を素早く取り入れられるインフラに移行するために、どんなステップを踏めばよいのだろう。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 266KB

要約

 組織がそのインフラをマルチクラウドなどに移行しようとするとき、その目的はスケールメリットやコスト削減、柔軟性の獲得であることは明白だ。しかし、その基盤としてプロプライエタリ、いわゆる「閉じた」技術に立脚した仮想化インフラを採用することは、当初の目的から逸脱することになりかねない。

 閉じたインフラには、ベンダーロックインやコスト増といった弊害が付きまとう。今、目を向けるべきは、機能の重複や間に合わせのアーキテクチャなどといった技術的負債がもたらす複雑さを排し、より多くのワークロードを最適に配置できるソリューションといえるだろう。

 本資料では、仮想化インフラの目指すべき姿として、オープンソース技術による環境がもたらすメリットともに、その取り組みを成功に導くために重要となる、適切なプランニングと移行ツールの選定、移行の実施手法を挙げている。移行に成功すれば、コンテナや高度な自動化、マルチクラウド管理などの導入を加速できるだろう。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。