IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

キヤノンITソリューションズ株式会社

事例

キヤノンITソリューションズ株式会社

BCP/DR対策で注目の沖縄データセンター、回線コストの安さで勝負できる理由は

BCP/DR対策の要として、多くの企業から選ばれている地方型データセンター。その中でも、地震リスクの少なさや通信コストの安さで注目されている沖縄データセンターについて、そのサービスを支えるイーサネット専用線を中心に紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/29 フォーマット PDF 種類 事例
ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 398KB

要約

 近年、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策の要として、多くの企業が採用している地方型データセンター。その中でも、地震リスクの少ない沖縄において、地の利と質の高いマネージドサービスを生かしたデータセンター事業を展開しているのが、キヤノンITソリューションズと、そのグループ会社であるクオリサイトテクノロジーズだ。

 この沖縄データセンターサービスの大きな特長となるのが、首都圏との高品質な通信を実現しつつ、バックアップ回線にかかるコストを低く抑えていることだ。通常、地方型データセンターでは、高額な通信コストがネックとなりがちだが、同サービスでは、近距離エリア間を冗長構成なしでつなぐ安価な回線サービスに匹敵するほどの低価格帯を実現している。

 それでは、両社はどのようにして沖縄における高品質・低価格なデータセンターサービスを実現しているのだろうか。本資料では、現地SEの駆け付け対応など、独自の強みで成長を続ける同サービスのメリットを紹介するとともに、両社が課題解決策として選んだ、最新SDN技術を採用したイーサネット専用線について詳しく解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。