IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

freee株式会社

製品資料

freee株式会社

月次決算はなぜ遅れる? 非効率なワークフローを改善するための3つのポイント

迅速な経営判断には月次決算の早期化が欠かせないが、非効率なワークフローが、数字集計の足かせとなっているケースは少なくない。この課題を解決するためのポイントを解説するとともに、月次決算早期化を実現するクラウドERPを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/12/03 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 24ページ ファイルサイズ 835KB

要約

 経営状態をタイムリーに把握し、迅速な経営判断を行うためには、月次決算の早期化が欠かせない。しかし、ワークフロー(経費精算・支払依頼等)処理の一定期間への過剰集中、ツールの多用によるマスタデータの分散、それに伴う転記作業の発生が生じている体制では、数値の集計に時間がかかり、月次決算に要する時間が増加する。そして、月次決算が遅いということは、経営判断のスピードが落ちることを意味する。

 こうした課題を解決するには、書類提出の締切日の設定や、申請しやすい仕組みを構築することはもちろん、システムを導入/変更し、部門最適を脱却することが求められる。その選定の際は、システム数を減らしデータを一元管理できるか、CRMやSFAなど他システムとのデータ連携が可能か、といったポイントを重視したい。

 本資料ではこのように、月次決算を早期化するための改善策やシステム構築のポイントを解説するとともに、それら要件を満たすクラウドERPを紹介する。AIを用いた効率化、ワークフロー/経理/会計を一体化することによる転記作業の排除、経営状況のリアルタイム確認など、迅速な意思決定に役立つ機能をぜひ確認してほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。