IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士ゼロックス株式会社

製品資料

富士ゼロックス株式会社

導入/更新の目的別に解説、サイジングの失敗を回避する3つの“サーバレシピ”

サーバの導入/更新に当たっては、ハードウェアの仕様や技術、ソフトウェアのサポート情報やライセンスなど、検討すべき事項が多い。3つのケースを基に、目的別のおすすめ構成とサイジングのコツなどを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2019/11/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 705KB
要約
 サーバの導入/更新に当たっては、ハードウェアの仕様はもちろん、搭載されている技術、ソフトウェアのサポート情報やライセンス、サイジングなど、検討すべき事項が多い。そうした中、自社に最適な製品を選ぶには、目的を整理するとともに、重視すべきポイントを知っておく必要がある。

 例えば、大切なデータは手元に置きつつ、複数のサーバを1台にまとめたい場合は、Hyper-Vを活用したサーバ仮想化がおすすめだ。サイジングのポイントとなるのは「CPUコア数」で、統合対象となるサーバの総コア数の7割程度を目安にするのが良いといわれている。またHDDの性能が不安であれば、近年は大きなコスト差がなくなっているSSDを選択するのも手だ。

 さらにオフィス内への設置を考えると、静音性に優れ、モニターやキーボードとの接続をシンプル化できるタワー型サーバを選びたい。本資料ではこの他、Windows Serverの純正機能を使ってHCIを構築するケース、200人規模の大容量ファイルサーバを更新するケースといった目的別に、推奨されるサーバ構成とサイジングのコツについて詳しく解説する。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。