IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

製品資料

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

仮想化環境のクラウドシフト、大規模環境のハードルをどう乗り越えるか

大規模な仮想化環境でも、パブリッククラウドへの移行ニーズが高まっている。ただ、仮想マシンを作り直す手間やネットワークの帯域幅など、移行に当たって解決すべき課題もある。そこで大規模移行における最適解を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/12 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 46ページ ファイルサイズ 2.39MB

要約

仮想化環境のクラウドシフト、大規模環境のハードルをどう乗り越えるか
 オンプレミスとクラウドの混在が進む中、数百台のVMが稼働しているような大規模な仮想化環境でもパブリッククラウドに移行するケースが増えている。オンプレミス環境では、障害対応が大きな負荷となる他、運用管理業務の増加、ITスキルの継承なども課題となる。これらのクラウドシフトによる解決は、“攻めのIT”を求める経営層のニーズとも合致する。

 一方で、これまで大規模環境のクラウド移行が後回しにされてきた理由もある。仮想マシンを作り直す手間、ネットワークのレイテンシや帯域幅、クラウドベンダー選定によるロックインなどは最たるものだ。そこで、これらの懸念を解消する手法として、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上にVMware製品による仮想化環境を構築したクラウドサービスが有力視されている。

 VMware製品を利用しているオンプレミス環境からL2延伸して、クラウド環境とシームレスに接続したハイブリッド環境を構築。システムへの影響を最小限にし、短期間のクラウドシフトを可能にする。本資料では、マルチクラウド運用を一元化するマネージドサービスと併せて、情シス部門のニーズに合致する同クラウドサービスの特長を紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。