IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

東京エレクトロン デバイス株式会社

製品資料

東京エレクトロン デバイス株式会社

データの大容量化でかさむバックアップコスト、運用も見据えた解決策は?

増え続けるデータは、バックアップ運用の負荷やコストも増大させている。シンプルな解決策は、効率的な重複排除機能を持つバックアップ専用ストレージと、仮想化環境に強いバックアップソフトを組み合わせることだ。その理由を解説する。

コンテンツ情報

公開日 2019/11/01 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 1.64MB

要約

 データは貴重な経営資源といわれるが、企業内のデータ大容量化は年々進んでおり、保護に要するコストも増大している。この流れはもはや止まらないだけに、膨大なデータでも効率的にバックアップできる環境を整備したい。その最適解と目されるのが、優れた重複排除技術を備えたバックアップ専用NASと、エージェントレスにバックアップ環境を構築でき、仮想化環境に強いバックアップソフトの組み合わせだ。

 NASは1台で、仮想サーバやデータベースなどのバックアップとリカバリーに使用しながら、アーカイブも実施できるため、災害復旧対策とデータの長期保存をシンプルに実現できる。特に注目すべきは重複排除機能だ。データを4~12KBに分割することで、より多くの重複部分を探し出し、容量を10分の1以下に削減する。しかも処理はインライン方式で行われるため、バックアップスループットを50%も高速化できる。

 パブリッククラウド連携も容易で、保存されたデータを階層化し、クラウドに自動転送する。送信データは重複排除されているので、クラウドストレージの削減にもつながる。本資料では、このように大容量バックアップの課題解決策となるアプローチを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。