IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士ゼロックス株式会社

レポート

富士ゼロックス株式会社

エッジからクラウドまで、ハイブリッド環境を管理するための「8つのステップ」

データやワークロードが、エッジからクラウドまで幅広く分散するハイブリッド環境をどう管理すべきか。主流となるテクノロジーの現状から将来までを分析し、複雑化する環境を管理するための「8つのステップ」を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2019/10/30 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 417KB
要約
 企業調査によると、2018年にクラウド型インフラが企業環境に占める割合は45%、それが2020年には68%と、3分の2以上を占めるまで増加する見込みという。一方で、モバイルやIoTから生まれるデータを処理すべくエッジコンピューティングのニーズも増加している。広範囲に分散するデータやワークロードを、どう管理・運用するかは喫緊の課題といえる。

 その解決の鍵が、ハイブリッドクラウド管理プラットフォームだ。サイロ化を防ぎながら、オンプレミスとオフプレミスのいいとこ取りを実現し、オンプレミスやクラウド、エッジに効率的にリソースを配分する。こうした理想的なハイブリッド環境の管理を行う上で、考慮すべき「8つのステップ」がある。

 積極的なクラウド戦略はその1つだ。オンプレミスやクラウドを問わず多様な環境にワークロードを最適配置するとともに、サービスへのアクセスの一元的管理方法を確立することで、クラウドごとに管理スキルを習熟する手間を省き、パフォーマンス、コスト、人材などの効率化につながる。本資料では、これら8つのステップを通じ、ハイブリッド環境を見直すポイントを明らかにする。
アンケート
※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。