IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ドキュサイン・ジャパン株式会社

事例

ドキュサイン・ジャパン株式会社

顧客情報を一元管理、高田屋に学ぶ「CRM+電子署名」による契約業務の効率化

秋田県を本拠とする総合企業である高田屋では、部署ごとにバラバラのシステムを運用していることによるさまざまな弊害に直面していた。そんな同社が、全社的な情報共有体制の構築と契約業務の効率化を実現するために選んだ方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2019/10/15 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 755KB
要約
 秋田県湯沢市に本社を置き、エネルギーやプラント、薬品、家電といった事業を展開している総合企業の高田屋。さまざまな事業を手掛ける同社では、部署ごとにバラバラのシステムを使っていることによる情報の分断化が問題となっていたという。

 契約書は紙とPDFの二重管理が常態化し、顧客情報の社内共有もままならないことに加え、業務の属人化も進んでいた。そんな状態だった同社が、これらの問題を解決する方法として注目したのが、CRM(Salesforce)と電子署名(ドキュサイン)を連携させた業務効率化の手法だった。

 本コンテンツでは、同社がこれらのソリューションを活用して、顧客情報の一元管理と契約・決済業務の自動化を実現した方法を分かりやすく紹介する。環境問題にも積極的に取り組む同社は、このアプローチのどのような点に魅力を感じたのか。同社の事例をさらに詳しく見ていこう。