IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ソフォス株式会社

製品資料

ソフォス株式会社

ディープラーニングがエンドポイント防御にもたらす変革とは

AI、機械学習などとともに知られつつある「ディープラーニング(深層学習)」。昨今ではその仕組みが、エンドポイントセキュリティに活用されはじめている。ディープラーニング機能を統合したセキュリティ対策の特徴やメリットを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/16 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 18ページ ファイルサイズ 2.04MB

要約

 今、「ディープラーニング(深層学習)の活用」が、巧妙化するマルウェアに対抗するアプローチの1つとして注目されている。機械学習の手法の1つであるディープラーニングは、「ディープラーニングニューラルネットワーク」とも呼ばれ、人間の脳の仕組みからヒントを得て開発された技術になる。脳の神経回路を模した複数の階層で分析を行い、モデルの強度をあげていく仕組みで、マシンラーニング(機械学習)より高度な学習とマルウェアの検出が期待できる。

 ディープラーニングによる未知のマルウェアの検出、ランサムウェア対策、攻撃ツールをブロックするシグネチャレスのエクスプロイト対策といった機能が搭載された、あるエンドポイントセキュリティ製品は、それらの保護手法を組み合わせることで高度で巧妙なランサムウェアとマルウェアにも対抗できる機能を持つという。

 しかし、高度な処理を要するディープラーニングモデルを利用している製品の場合、端末のパフォーマンスに影響しないのだろうか、という懸念が残る。同製品はこの課題をどのように解決したのか? 本資料から、ディープラーニングの活用に成功した同製品の特徴やメリットを知ってほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。