IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

株式会社ソリトンシステムズ

製品資料

株式会社ソリトンシステムズ

失敗しないテレワーク、導入前に知っておきたい6つの導入方式と最適解とは?

働き方改革の施策としてテレワーク環境の整備を進める企業が増えている。モバイルワークや在宅勤務を実現するための6つのテレワーク導入方式を解説しながら、安全性、利便性、経済性の課題を解消するソリューションを紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/10/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 2.62MB

要約

 自宅や外出先など、場所に縛られずに仕事ができるテレワーク。ソリトンシステムズが全国400社を対象に行ったアンケート調査によると、テレワークの実現において、情報漏えいや不正アクセスへの対策として「安全性」が最重視されていたという。また「利便性」や「経済性(導入コスト)」が次に続いており、これら3つのバランスが取れたテレワークシステムの選定が不可欠といえるだろう。
 
 それでは、こうしたテレワークシステムを構築するために、どのような方法が考えられるだろうか。総務省が公開している「テレワークセキュリティガイドライン(第4版)」では、テレワークには「リモートデスクトップ方式」や「仮想デスクトップ方式」「クラウド型アプリ方式」など6つの導入方式に分類している。それぞれの特徴を理解した上で、自社に最適なシステムを組み立てていくことが肝要だ。

 本資料では、6つの導入方式の仕組みを解説するとともに、このうち安全性と利便性のバランスを保ちつつ、比較的安価に導入できる3つの方式に対応したソリューションを紹介する。テレワーク導入に着手する前にチェックしておきたい内容だ。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。