IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

ウチダスペクトラム株式会社

製品資料

ウチダスペクトラム株式会社

複雑化するソフトウェアライセンス管理、コストと工数を最適化する秘訣とは?

IT環境が複雑化する中、ソフトウェアライセンスに関するコストと工数を最適化するためにはどうすればよいのか。コンプライアンスを維持する上でのポイントなどを解説するとともに、この取り組みにおける課題解決法を紹介する。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/17 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 8.9MB

要約

 市場のニーズとテクノロジーの変化によりシステム構成要素のモジュール化が実現し、ライセンス契約の複雑性は増大した。こうした中でコンプライアンスを維持していくためには、ソフトウェア資産管理への理解を深めるだけでなく、組織全体でライセンス契約に関するコストと工数を最適化することが求められる。

 使用権に基づく権利と義務の観点で契約条件や選択するライセンスタイプを最適化することでコストの最適化をはかることができ、自社に適した持続可能な契約条件の獲得や、適切なバージョン管理による脆弱性情報の把握が可能となり、監査リスクなどの優先順位に基づいた対策ができるようになる。さらにコストの観点でもライセンス契約コントロールのケイパビリティの獲得により、最大で30%のソフトウェアコスト削減も期待できるという。

 このようなソフトウェアライセンス最適化(SLO)には、組織横断的な業務プロセスの設計といった今までにないスキルセットが必要になるため、人材育成に苦しむ企業も多い。そこで本資料では、クラウド時代におけるSLOの考え方を解説するとともに、企業がこのような能力を安定的に確保するためのアプローチを紹介する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。