IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

Denodo Technologies株式会社

製品資料

Denodo Technologies株式会社

データをソースに置いたまま統合、「データ仮想化」がもたらす10のメリットとは

クラウドなどにより大量のデータが日々生成される中、ETLなど従来の技術では管理/統合が困難になっている。そこで必要になるのが、データを各ソースに置いたまま、統合された形でリアルタイムに提供するという、新たなアプローチだ。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/09 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.73MB

要約

 クラウドやビッグデータシステムの利用が拡大する中、それにより日々生成される大量のデータの管理/統合が課題となっている。いまだにETL(Extract/Transform/Load)など従来の統合技術を採用している企業も多いが、工数やコストの増大、バッチ処理による配信の遅れ、複雑化したデータへの対応ができない、といった課題が表面化し始めている。

 そこで注目されているのが、データを各ソースに置いたまま、統合された形でリアルタイムに提供する「データ仮想化」のアプローチだ。アクセスレイヤーを環境全体にわたって設定することで、ユーザーはセルフサービス的にデータの取得/処理を行うことが可能になる。またレプリケーションを一切行わないため、軽量で実装しやすい点も魅力だ。

 こうしたメリットを持つデータ仮想化ソリューションだが、普及するにつれ製品の選択肢も多くなっているため、導入の際は製品ごとの違いを見極めることが重要になる。本資料では、「データ仮想化について知っておくべき10項目」としてメリットを分かりやすく紹介するとともに、製品を5階層に分類し、選定のポイントを解説する。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。