IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

WP

弁護士ドットコム株式会社

製品資料

弁護士ドットコム株式会社

電子契約に切り替えて本当に大丈夫? 3つの法的観点で考える有効性と効果

初期費用なし、郵送のタイムラグもなく、印紙税も課税されない「クラウド型電子契約」。一方、押印しないことに不安を抱く企業も少なくない。本資料では、適法性/証拠力/税務対応という3つの観点から、電子契約導入の不安を解消する。

コンテンツ情報

公開日 2019/09/04 フォーマット PDF 種類 製品資料
ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 2.71MB

要約

 契約締結におけるコスト削減や業務効率化など、さまざまなメリットが期待できる「電子契約」が注目されている。その一方で、「電子契約に適法性はあるのか」「証拠力は書面の場合と同等なのか」「印紙税はかからないのか」といった、懸念や不安を持つ企業もいまだに少なくない。

 これらを解消するには、法律知識を正しく理解することが必要だ。例えば「適法性」に関しては、そもそも契約締結の方式は原則自由であり、書面でなくても、口頭やメール、そしてクラウド上での電子契約も適法なものとなる。ただし例外として、建設業法や下請法の定めにより、電子契約の利用に一定の条件が課される場合もある。

 本資料では、こうした「適法性」を満たすための電子契約のポイントに加え、「証拠力」「税務対応」といった観点から、電子契約についての法律知識を整理している。電子署名法の課題や、それを解決するソリューションについても紹介されているので、ぜひ参考にしてほしい。

アンケート

※「アンケート回答」「続きを読む」には、下記ボタンを押して会員登録あるいはログインしてください。